家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場



朽木ルキア大ブレイクの予感パート6 :  640氏 投稿日:04/02/27 15:27


浮ルキセクハラ


十三番隊隊首室、雨乾堂。
ルキアが浮竹を見舞う為に此処を訪ったのは、夜もまだ早い時間の事だった。
病だと言う割には元気の良い浮竹の世間話に付き合ううちに、随分と時が経っている。
良い加減、辞去しようとルキアは挨拶をした。
「何だ、もう帰るのか?」
至極残念そうな顔で、席を立とうとしたルキアの手を浮竹が取る。
「長居は、隊長のお体に障りますから」
「病身の独り寝と言うのは存外辛いもんでな…」
ルキアの手を取ったまま、浮竹は目を逸らし溜息を吐く。
「夜半に目が醒めると、部屋が寒くて」
立ち上がろうとしたルキアの動きが止まる。
浮竹隊長には常々世話になっているし、ここで放って帰るのは薄情な気がする。
兄様は良い顔をしないだろうが、場合が場合、そう厳しい事も言わぬだろう。
考え、ルキアは枕元に座り直した。
「あの…私で宜しければ、一晩お傍に」
「そうか!」
嬉々とした声を上げ、浮竹はルキアの腕を引いた。
突然の事に抵抗する暇も無く、背中から抱きかかえられる。


「た、隊長っ!?」
「朽木は小さいから、抱き心地が良いな」
言う手が、着物の上から胸の膨らみをまさぐる。
「人が来ますから…!」
もがくルキアを片手で器用に抱き留め、帯を解く。
はだけた胸元から手を入れ、肌に触れた。
「心配するな、人払いは済んでる」
「…っ」
強く乳房を掴まれ、ルキアは声にならない声を上げた。
「本当に小さいな、お前。ちゃんと喰わせてもらってるか?」
「やめて、下さい…っ」
乳房を弄ぶ手を浮竹は止めない。思わずルキアは声を荒げた。
「お体が良ろしく無いんでしょう!?」
「これも薬だよ」
耳元で浮竹が囁く。
「ほら、こっちはもう結構元気だぞ?」
後ろから太股に押し付けられた感触に気付き、ルキアは耳迄真っ赤になる。
「お元気になられたなら、帰りますからっ」
「今夜は傍にいてくれるんだろう?」


何とか浮竹の腕から逃れようとするルキアを自分の方に向かせ、その顔を強引に自身と向き合わせる。
「最後迄面倒は看てもらわないと」
「…っん」
無理矢理開かせた小さな口に、硬くなった自身を銜えさせる。
抗おうとルキアの頭を振ると、柔らかな唇が表皮を掠り、僅かに動く舌先が焦らす様な刺激を与える。
軽く押さえ付け、更に深く飲み込ませる。
「止めて良いとは言って無いだろう?」
「ふ…っぅ、んんっ」
深く迄異物を押し込まれ、息苦しさで涙が滲む。
それを見て取り、浮竹は押さえ付けていた顔を上げさせた。
束の間、解放されてルキアは大きく息を吐く。
「悪い。無理をさせたな」
言葉程悪びれもせず、ルキアの身体を床の上に組み敷く。
「こちらの方が具合が良いか」
乱れた衣服の隙間から入り込んだ手が、ルキアの秘所に触れた。
「や…!」
浮竹の指が僅かに濡れた内側に潜り込み、ルキアがびくりと身体を震わせる。

「ここはさほど嫌でも無いようだが」
囁き、耳朶を軽く噛むと、それだけでルキアが反応を示す。
首筋を吸い、そのまま舌先でゆっくりと鎖骨から肉付きの薄い胸元を辿る。
触れるか触れないかの舌と、浮竹の長い髪が肌を這い、くすぐったさにルキアが身を捩った。
「いや…ぁ、隊長…あっ」
急に胸の突起を強く吸われ、高い声を上げる。
含んだまま、舌で転がされ、時折歯を立てられる。
挿ったままの指と、執拗な愛撫に耐えきれず、ルキアは甘い声を漏らした。
「隊、長…もう…」
「もう我慢出来ないか?」
秘裂の、更に奥に指を進め内を掻き回す。
指に透明な水が絡まり、小さな水音を立てる。
「ちが…嫌、やめ…っ」
責め立てられ、息を乱し頭を振る。
「感度が良いな。誰に仕込まれたかは訊かんが」
充分に濡れた事を見て取り、指を引き抜く。
蜜を吐き出す口に、自身を宛てがう。

「もっと良い顔を見せてくれよ…と」
狭い口をこじ開けるように、ゆっくりと腰を進める。
蜜壷が根元迄を飲み込むと、ルキアが掠れた声を上げ、瞬間動きを止めた。
「…っぁ、は…」
肩で息をするルキアに休む間を与えず、浮竹が腰を動かす。
「駄目、隊長…っ」
「お前が先に満足していたら、話にならんだろうが」
突き上げる度に、堪えきれない喘ぎがルキアの口から漏れた。
擦り上げられる内側は、更に熱を上げ、浮竹のそれを締め付け、押し返す力を強くする。
「良いな、お前は…白哉が手放さない訳だ…っ」
責め立てながら、言う浮竹も息が弾み、限界が近い事を知る。
「良いな、出すぞ?」
「駄目…駄目です…っ」
喘ぎながら繰り返す言葉と裏腹に、内の壁が浮竹を強く締め付ける。
白濁した欲を吐き出し、ルキアの内で浮竹も達していた。

「私はお見舞いに来たんです!なのに、こんな…っ」
憤り涙を零すルキアをあやすように、浮竹が抱き締める。
「悪かったな。朽木があんまり可愛らしいから、つい」
「悪いなどと思っていらっしゃらないでしょう」
ルキアはふて腐れる。
「あの…この事、兄様には」
「黙ってるよ。俺も命が惜しいからな。それに」
怪訝な顔をするルキアに満面の笑みを向ける。
「奴にばれたら、朽木と出来なくなるだろう?」

何で選りに選って、こんな上司の下に配属されたんだろう、と。
愚痴りつつ、浮竹が寝込む度に呼び出され、夜通しの看病(?)をさせられるルキアだった。



(完)